歯科にしか出来ない治療方法~「ハッ!」と驚く白い歯~

歯科医

親知らずの意味

歯の模型

奥歯のさらに奥にある歯茎が腫れているという人や、顎や骨にまで痛みが走るという場合は、親知らずが発生していると考えられます。親知らずは、通常18歳頃から20歳以降に現れ、痛みや炎症を引き起こします。古代の生活では、親知らずは非常に重要なものでした。しかし、現在の食生活や生活習慣では親知らずは必要ないものだとされています。また、親知らずが生える場所は最も奥なので小さな顎をしている現代人には適していません。それどころか、隣の歯に悪影響を及ぼしたり、顎関節症を引き起こしたりとさまざまなトラブルに繋がります。親知らずに悩んでいる人は、吹田にある歯科で治療を受けましょう。吹田では、親知らずの治療をしている歯科がいくつかあります。痛みや腫れを抑え、必要に応じて親知らずを抜歯する手術も行なっています。外部の歯に悪影響を及ぼしている親知らずはすぐに抜歯すると適切です。

歯科医師によっては親知らずは抜歯しないほうが良いとしている人もいます。親知らずは歯がない場所に移植することができるため、もしものことを考えてそのまま置いておくほうが良いと考えているためです。しかし、親知らずがあると歯周病や虫歯になりやすい、隣の歯を傷つけるなどのリスクがあります。また、綺麗にまっすぐ生えている親知らずなら、リスクを最小限に抑えることが可能ですが、現代人のほとんどが斜めや真横から親知らずが生えています。そのため、最近では親知らずは抜歯するのが一般的になっています。吹田の歯科ではまだ生えていない親知らずをレントゲン写真で確認することができます。すでに斜めに生えている親知らずは、歯茎を切除して抜歯することで痛みや腫れを最小限に抑えることが可能です。痛みや違和感がある場合はすぐに吹田の歯科で検査や治療を受けましょう。